日帰りで出来るレーシック手術

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2018/6/18

お子さんの頃に穀物をしっかりと食べずに、
お菓子ばかり食べているようなら、
脳は成長できないので、
頭が悪くなるのは当然のことである。

我がお子さんをバカにさせたくなかったら、
とにかくお菓子を食べさせる機会を
可能な限り減少させるべきである。

お菓子ではなく穀物こそが
お子さんの成長にとって必要だと理解できれば、
お子さんに何を食べさせればいいか
自然とわかってくると思う。

ただし、
お子さんに穀物を食べることができるのを
当たり前だと思わせてはならない。

穀物は農家の人が作らなければ手に入らない…
なのでお子さんを連れて
農家で農業体験をしてみることをお勧めする。

穀物が出来上がってくるのに、
こんなにも手間暇がかかるとわかれば、
穀物を大切にし、食事の度に感謝して食べるようになる筈だ。

日本が豊かになるにつれ、
穀物の消費量は減少の一途を辿っている。

それに比例するかのように
お子さんたちに異常が出始め、難病奇病が増え、
学力が低下したり、イジメや自殺が深刻な問題になったり、
少年少女の凶悪犯罪が多発したり…と、

親の異常な食生活のツケを
お子さんたちが背負わなければならなくなっているのである。

お子さんたちが社会問題を起こす度に、
どうにかしろと対策を打って来るのだが、
どの対策も一向に成果が上がらない…

なぜならお子さんの食事が間違っているからこそ、
いくら対策を講じても、根本的な解決にならないからだ。

お子さんたちの異常は、親たちの異常こそが原因なのである。

自分たちが裕福になっても、質素倹約の美徳を維持し、
昔ながらの食事を守り続けていれば、
お子さんたちは正常化してくると思う。