まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2018/6/18

お子様は遊びながらも結構頭を使っている。
そのためお子様は元気そうに見えても、
脳が疲労を起こしているということも有り得る。

体が健康な筈なのに、
どうも元気がないなと思うなら、
脳の疲労を疑った方が良い。

脳の疲労を取り除くためには、
グルテンが含まれている
薄力小麦粉を使うのがおすすめ!

なので、 
母もたまには、
小麦粉でおやつを作ってみよう!

母が小麦粉からおやつを作って見せると、
お子様たちは魔法を使ったとしか思えなくなるので、
母の権威が非常に高まることに…

母がお子様たちにこの魔法を見せずに、
お店でおやつを買って来てしまうからこそ、
お子様たちは母を馬鹿にするようになるのである。

ただし、
精白小麦粉は
長期にわたって使い続けると
視力の低下などの被害が出て来る…

かといって全粒小麦を使うと、
それほど美味しくならないので、
全粒小麦を使った場合、
それを美味しくする工夫が必要。

お子様が大きくなってきたら
おやつ作りを手伝わせて、
料理の仕方を覚えさせよう!

ご飯作りの手伝いをさせると、
母にとってお子様は非常に邪魔で、役に立たない…

それよりもおやつ作りで
料理の基本的なことを覚えさせていけば、
その内、正規のご飯の調理でも使えるようになる。

おやつはできることなら与えない方がいい。
…が、お子様たちがおやつを要求して来ることもまた事実であり、
その要求に対してきちんと答えてあげる必要性もある。

しかし、
間違ったおやつを連日与えれていれば、
お子様は病気になるし、家計だって圧迫されかねない…

おやつ問題は些細な問題かもしれないが、
父母にとっては、
決して見過ごすことができない問題なのである。